進学校なのに・・・

Posted by kana56 - 3月 15th, 2017

私は3人兄弟の真ん中として産まれました。家の経済状況は決して裕福ではなかったのですが、中学卒業までは特にお金に困ることはありませんでした。

しかし2つ上の兄が高校受験に失敗し、思いがけず授業料の高い私立高校に通うことになった時から状況は変わっていきました。

父親は大切にしていたバイクを売ったり、母も宝石類を売ったりとなにかとバタバタしていました。

≪※父はこのサイトで売ったようです⇒バイク買取高松

 

私は授業料の安い公立高校に入学したのですが、その時兄は高校3年生。家計はかなり逼迫していたようです。私は父親から「自分の生活費をアルバイトで賄ってくれないか」という提案をされました。

私が通っていた高校は進学校だったのでアルバイトは禁止だったのですが、1割くらいの生徒はアルバイトをやっているようでした。

 

どうしようか悩んでいたら、入学後仲良くなった子から「一緒にアルバイトをしないか」と誘いを受け、とりあえず話を聞きに行ってみることになったのです。

結局二人とも採用になり、放課後と土日にアルバイトをする生活が始まりました。

アルバイト先には同年代の学生もたくさんいて、とても楽しくアルバイトが出来ました。1ヵ月に6万円ほど稼ぐことができました。

アルバイトで得たお金で自分にかかるお金をやりくりするしかありません。

6万円もあったら余裕かなと最初は思っていたのですが、バイト先の人たちと仲良くなりみんなで遊びに行く機会が増えると遊びにかかるお金がとてもかかるようになっていきました。

 

身のまわりの事にかかるお金と遊びのお金で1ヵ月のアルバイト代はすぐになくなってしまいました。

どうしても足りない時は店長に頼んでアルバイトのシフトを増やしてもらいなんとか高校3年間やりくりをしました。

 

進学校なのにそんな生活をしていたので、ほとんどの生徒は大学進学をするのですが、私は受験勉強をする時間もなかったし、大学に進学しても学費が払えないなと思っていたので、諦めて少数派の就職という進路を選択することになりました。

今思い返すと、短大でもいいから大学に進学しておけばよかったかなと後悔しています。